Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「osCommerce」狙う改ざん、複数の国内ショッピングサイトで被害 - セキュアブレインが確認

セキュアブレインは、ネットショップを構築できるオープンソース「osCommerce」の脆弱性を悪用した改ざんが広がっているとして注意を喚起した。

今回の攻撃は、ウェブサイトの「titleタグ」の間に「iframeタグ」を埋め込み、不正サイトへ誘導するもの。同社は8月1日に攻撃を確認し、改ざんチェックサービス「gredセキュリティサービス」などで対応した。

同社によれば、埋め込まれる不正タグが「scriptタグ」から「iframeタグ」に変化しているものの、2011年上半期に発生した改ざん攻撃「LizaMoon」に酷似。改ざん後に別のコードを埋め込むなど巧妙な攻撃が行われている。

感染比率は国内と比較し、海外の方が大きいものの、「osCommerce」は国内サイトでも多数利用されており、すでに同社では「自動車、オートバイ販売サイト」「ジュエリー販売サイト」「雑貨販売サイト」「アダルトグッズ販売サイト」など、多数国内サイトで改ざん被害を確認しているという。

同社先端技術研究所の神薗雅紀氏は、今回の攻撃について「osCommerceはショッピングサイトで利用されており、特に一般ユーザーに影響が大きい攻撃」であると危険性を指摘。ウェブサイトの運営者、利用者の双方に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
ラスクショップに不正アクセス - 流出クレカ情報が不正利用の可能性
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス