Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスターの契約更新で口座振込できない不具合

トレンドマイクロは、ウイルスバスターの口座振込による契約更新で一時不具合が発生したと発表した。

2011年6月1日から7月31日にかけて、「ウイルスバスター」の契約更新にあたり顧客に案内した口座情報に誤りがあったもの。同社では8月1日に修正を実施しており、同日以降問題は発生していない。

同社によれば、振り込みから有効期限が反映されるまで最大2週間かかり、有効期限に反映されている場合は正しく処理が完了しているという。

同社では、心当たりがある顧客に対して再度請求書の発送を依頼するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2011/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合