Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内ネットバンクで不正アクセス多発 - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、6月下旬以降、国内のインターネットバンキングに対する不正アクセスが発生しているとして、注意を呼びかけている。

110804ip_01.jpg
セキュリティ対策を呼びかけるIPA

不審メールやスパイウェアにより顧客情報を窃取する攻撃が発生していることから、インターネットバンキングのサービス提供者や利用者へ広く注意を呼びかけたもの。

すでに一部では振込被害が発生しており、地方銀行を中心に20以上の金融機関が注意喚起を実施するなど、警戒を強めている。

同機構では、インターネット利用者に対し、「セキュリティパッチの適用」「最新ソフトの利用」「不審なサイトやメールへアクセスしない」「パスワードの漏洩防止」など基本的な対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スマホ狙う「Roaming Mantis」、新型コロナ便乗も