Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウエア配信サイトが急増、1日あたり6800件 - わずか2カ月で倍増

シマンテックは、7月に発生したインターネットの脅威の状況やマルウェアの状況などを取りまとめた。

7月にメール送信に対してスパムが占めた割合は、前月比4.9ポイント増となる77.8%だった。フィッシング攻撃は0.01ポイントの微増で、全体の割合はそれぞれ0.313%、0.333%だった。

マルウェアを配布するウェブサイトは、1日あたり平均6797件を捕捉。前月から25.5ポイント増加した。増加傾向にあり、5月の平均3142件から2倍以上に拡大した。

一方ウイルスが添付されたメールは0.01ポイント増にとどまり、メール全体に占める割合は0.333%だった。エンドポイントを狙うマルウェアでは、リムーバブル ドライブや実行ファイルへの感染によって増殖していくワーム「W32.Ramnit!html」が活発だったという。

(Security NEXT - 2011/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に