Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによりメールアドレスやパスワードが流出 - 東芝の米国グループ会社

米国の東芝グループ会社であるToshiba America Information Systems(TAIS)が、不正アクセスを受け、顧客情報が流出したことがわかった。

TAISの製品顧客情報を管理する一部サーバが不正アクセスを受けたもの。サーバ内には7520人分の顧客情報が含まれており、そのうち681人分のメールアドレスやパスワードなどが流出した。

TAISでは、情報漏洩が発生した対象となる顧客に対しては、事態について通知した。不正アクセスを受けたサーバを停止し、詳細について調べている。

(Security NEXT - 2011/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン