Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、エンドポイント向け製品「SEP 12」を発売

シマンテックは、エンドポイント向けセキュリティ対策製品「Symantec Endpoint Protection 12」の販売を開始した。1ライセンスあたりの参考価格は9975円で、パートナー経由で提供する。

同製品は、「シグネチャ」「ヒューリスティック」などのマルウェア検知機能を備えたエンドポイント向けセキュリティ対策製品。

クラウドベースの評価技術である「Insight」を搭載。信頼できるファイルのホワイト作成することでオーバーヘッドを減少させ、スキャン時間を短縮した。また稼働しているアプリケーションの振る舞いを監視する「SONAR」を装備している。

さらに「VMware vShieldテクノロジ」へ対応し、仮想化環境へ最適化。基準イメージのホワイトリストを作成するほか、「Insight」のローカルキャッシュを維持したり、スキャンと更新をランダムに実施することで、システムのリソース不足を回避できる。

(Security NEXT - 2011/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
共同調達にも対応、自治体情報セキュクラウド - SBテク
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス