Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

漏洩事件増加でDBセキュリティ団体が緊急提言 - 「DB管理再考を」

データベース・セキュリティ・コンソーシアムは、オンラインサービスにおけるデータベースと機密情報の保護について再考を促す緊急提言を発表した。

同提言では、企業におけるITへの依存度が高まり、データの保有量も増加する一方で、価値が高い情報が売買するといった不正行為や、企業の信頼を失墜させる攻撃の発生など、データベースが攻撃の標的となっており、リスク対策が重要なテーマであると指摘。

情報漏洩事件や事故の増加なども報告されており、境界線防御についても限界を迎えていることから、最近の動向を踏まえ、データベース管理策の見直しを呼びかける提言を取りまとめた。

事業者にリスクやデータベースに対する攻撃のシナリオなどを整理。攻撃手法の巧妙化や従来対策の限界と行った認識すべきポイントをはじめ、不正アクセス検知や脆弱性管理など管理策見直しに向けた技術的な提言を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2011/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正
「GitHub Enterprise」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」に脆弱性が判明 - アップデートが公開
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
「Apache Solr」に脆弱性、設定ミスが重なるとRCEのおそれも
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
MS月例パッチが公開、脆弱性120件を修正 - すでに悪用も
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件