Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「フィッシング対策ガイドライン」の最新版が公開 - 被害発生時の対策など追加

フィッシング対策協議会は、消費者および事業者向けに提供している「フィッシング対策ガイドライン」を改訂した。

同ガイドラインは、同協議会の技術・制度検討ワーキンググループが、フィッシング詐欺の被害を未然に防ぐため、情報提供を目的に策定しているもの。

従来より事業者向けのガイドラインとして、被害の抑制や被害発生を速やかに検知するための要件など策定していたが、最新版では実際に被害が発生した際の対策を追加した。被害発生時の対応フローや、フィッシングサイトのテイクダウン活動についても言及している。

また消費者向けとして、安全なメールサーバの活用や、類似性評価によるフィッシングメール判別、URLフィルタリングなど、対策技術の活用についてあらたに盛り込んでいる。

新ガイドラインは、同協議会のサイトからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2011/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング