Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事例や最新情報を紹介するセキュリティカンファレンス「Direction 2011」 - スマホやクラウド関連のセッションも

セキュリティカンファレンス「Direction 2011」が7月27日に都内で開催される。入場は無料で、公式サイトにて事前登録を受け付けている。

同イベントは、セキュリティベンダーによって組織された「Direction実行委員会」の主催によるカンファレンス。事業競争力を高める視点からセキュリティサービスの事例や最新情報など紹介する。

午前中の基調講演には、トレンドマイクロ代表取締役社長兼CEOのEva Chen氏や一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏が登壇。さらに情報処理推進機構(IPA)が招いたCloud Security AllianceのJim Reavis氏や、VMwareシニアバイスプレジデントのRaghu Raghuram氏による講演も予定されている。

午後には、26のセッションが用意されており、ガバナンスやデータ保護、スマートフォン、インフラなどセキュリティの観点から講演が行われる。

会場は、東京都港区のザ・プリンス パークタワー東京コンベンションホール。入場は無料だが、ウェブサイトより事前登録が必要。

(Security NEXT - 2011/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
案内メール誤送信でスクール参加者のメアド流出 - 自然科学研究機構
オープンキャンパスの案内メールで送信ミス - 岡山科技専
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市