Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内でも自動更新による「IE 9」の配布が6月21日よりスタート

日本マイクロソフトは、日本国内における「Internet Explorer 9」の自動更新による配布を、6月21日から順次開始する。

「IE 9」の自動更新による配布は、他国では4月19日より開始されたが、日本では東日本大震災の影響により延期されていた。配布はWindows UpdateおよびMicrosoft Updateを通じて行われる。

強制的にインストールされることはなく、「インストールする」「インストールしない」「後で確認する」の3つのオプションから選択できる。

また同社では、「IE 9」の利用を見合わせたい場合、自動更新による受信をブロックするツール「Internet Explorer 9 Blocker Toolkit」を提供している。

(Security NEXT - 2011/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
Oracleが定例アップデート公開 -のべ327件の脆弱性を修正
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
「Zoom Rooms」のクライアントに複数脆弱性 - アップデートで修正
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
「ビューカード」のフィッシング - 2種類の偽ログインページを用意
ファッション通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用か