Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内でも自動更新による「IE 9」の配布が6月21日よりスタート

日本マイクロソフトは、日本国内における「Internet Explorer 9」の自動更新による配布を、6月21日から順次開始する。

「IE 9」の自動更新による配布は、他国では4月19日より開始されたが、日本では東日本大震災の影響により延期されていた。配布はWindows UpdateおよびMicrosoft Updateを通じて行われる。

強制的にインストールされることはなく、「インストールする」「インストールしない」「後で確認する」の3つのオプションから選択できる。

また同社では、「IE 9」の利用を見合わせたい場合、自動更新による受信をブロックするツール「Internet Explorer 9 Blocker Toolkit」を提供している。

(Security NEXT - 2011/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築