Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内でも自動更新による「IE 9」の配布が6月21日よりスタート

日本マイクロソフトは、日本国内における「Internet Explorer 9」の自動更新による配布を、6月21日から順次開始する。

「IE 9」の自動更新による配布は、他国では4月19日より開始されたが、日本では東日本大震災の影響により延期されていた。配布はWindows UpdateおよびMicrosoft Updateを通じて行われる。

強制的にインストールされることはなく、「インストールする」「インストールしない」「後で確認する」の3つのオプションから選択できる。

また同社では、「IE 9」の利用を見合わせたい場合、自動更新による受信をブロックするツール「Internet Explorer 9 Blocker Toolkit」を提供している。

(Security NEXT - 2011/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
Dell製シンクライアントOSに深刻なRCE脆弱性 - 更新や運用環境の確認を
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
Adobe、3製品向けにセキュリティ更新 - 深刻な脆弱性などを修正
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
IoT開発者向けのセキュリティ手引書を公開 - SIOTP協議会