Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内でも自動更新による「IE 9」の配布が6月21日よりスタート

日本マイクロソフトは、日本国内における「Internet Explorer 9」の自動更新による配布を、6月21日から順次開始する。

「IE 9」の自動更新による配布は、他国では4月19日より開始されたが、日本では東日本大震災の影響により延期されていた。配布はWindows UpdateおよびMicrosoft Updateを通じて行われる。

強制的にインストールされることはなく、「インストールする」「インストールしない」「後で確認する」の3つのオプションから選択できる。

また同社では、「IE 9」の利用を見合わせたい場合、自動更新による受信をブロックするツール「Internet Explorer 9 Blocker Toolkit」を提供している。

(Security NEXT - 2011/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Adobe Experience Manager」に複数の深刻な脆弱性
Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
複数メーカーの「ATM」に脆弱性 - 預金不正引出や乗っ取りのおそれ
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
MS月例パッチが公開、脆弱性120件を修正 - すでに悪用も
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を