Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

依然なくならない「Gumblar」の改ざんや「Winny」関連の相談 - IPAの5月統計

侵入被害では、ウェブページの改ざんが3件、サーバの脆弱性を突いてデータベース内の情報を盗まれたケースが1件あった。「Gumblar」が原因と見られる改ざんも報告されている。

侵入の原因は、バージョンが古かったもの、脆弱なパスワード設定、アクセス制限の設定ミスが各1件だった。なりすましでは、ウェブメールとオンラインサービスに勝手にログインされていたケースがそれぞれ1件だった。

同機構へ寄せられた相談総件数は1640件で、4月の1608件からわずかながら増加した。「ワンクリック不正請求」に関する相談も519件となり。2010年10月以来の500件超えとなった。

「Winny」に関する相談は前月より半減したものの、5件寄せられている。このほか、「偽セキュリティ対策ソフト」に関する相談が3件、「情報詐取を目的として特定の組織に送られる不審なメール」に関しても8件あった。

(Security NEXT - 2011/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも