Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテリアショップサイトで顧客情報約1万6000件が流出の可能性 - カード情報7000件含まれる

ミサワが運営するインテリア販売サイト「unicoオンラインショップ」のウェブサイトが不正アクセスを受け、個人情報やカード情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、4月20日にクレジットカード会社よりカード情報の流出について調査依頼を受けて発覚したもので、その後の調査で顧客情報流出の可能性が判明した。海外から行われた不正アクセスが原因だとしている。

流出した可能性があるのは、2009年4月15日から2011年4月20日までに同社サイトで注文したり、サンプルの請求を実施した顧客情報1万6798件。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、任意で入力した届け先、パスワードなどが含まれる。

そのうち2010年1月29日から2011年4月20日までにクレジットカードで決済した7316件分については、カード番号や名義、有効期限、セキュリティコードなど、クレジットカード情報が流出したおそれがある。また476件の顧客については連絡先がわからないという。

(Security NEXT - 2011/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス