Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小規模ユーザー向け機能を強化したメールセキュリティ製品 - 日立INS

日立アイ・エヌ・エス ・ソフトウェアは、メールセキュリティソリューション「WISE Audit」の最新版を提供開始した。

同製品は、メールのアーカイブ機能とフィルタリング機能を搭載したメールセキュリティソリューション。最新版のバージョン5.2では、中小規模ユーザー向けの機能が強化した。

「都度権限付与機能」は、通常アーカイブ検索の権限を持たないユーザーに一時的にアーカイブ検索を許可するもので、管理者の負担を軽減する。

また、メールのやり取りを図で表示する「メール相関図機能」を強化したほか、パーソナル検索オプション「PSO」が同一サーバで利用できるようになった。

7月には、オプションとして添付ファイルのZIP暗号化機能を提供する予定。価格は、200ユーザーでアーカイブライセンスが105万円。パーソナル検索オプションが31万5000円。

(Security NEXT - 2011/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足