Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3支店で顧客情報の誤廃棄が判明 - 大分銀行

大分銀行は、3支店であわせて1824件の顧客情報を保管期限内に誤って廃棄していたと発表した。

誤廃棄されたのは本人確認記録書と添付されていた免許証や保険証などの本人確認資料。氏名、住所、生年月日など顧客情報1824件が含まれる。

同行によれば、4月7日に臼杵支店において誤廃棄が判明。これを受け全店調査を実施した結果、中津支店と勢家支店でも同様の誤廃棄があったことがわかった。いずれも廃棄の記録は残っており、外部に流出した可能性はないとしている。

同行では、関連する顧客への説明と謝罪など個別対応を実施。各支店で保管している資料の集中管理を行って再発防止を進める。

(Security NEXT - 2011/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
預金や出資金の申込書などが所在不明 - 鹿児島相互信金
特例貸付の申請書類など所在不明に - 江戸川区
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協