Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfee、クラウド保護のプラットフォームを発表 - Intelの技術も活用

米McAfeeは、複数のセキュリティモジュールを単一プラットフォーム上で実行できるクラウド向けプラットフォーム「McAfee Cloud Security Platform」を発表した。日本市場における展開時期は未定だという。

同プラットフォームは、McAfeeとIntelのセキュリティ機能を組み合わせ、企業とパブリッククラウドでやりとりされるデータや、クラウド間のトラフィックを保護を目指したもので、企業が実施しているセキュリティ対策やポリシーを、クラウド全体に適用できるという。

モジュール方式のソリューションとして提供し、当初McAfeeの情報漏洩対策を実現する「DLPソリューション」やマルウェアからの保護を実現する「ウェブセキュリティ」「メールセキュリティ」を提供。

クラウドにおいてシングルサインオンなどユーザー認証を実現するIntelの「アイデンティティ管理」、アプリケーションの保護や制御、データ変化、IDトークンの交換機能など備えた「API&ウェブサービス」を提供する。

さらに「Intel Expressway Service Gateway」と機能統合し、アプリケーションにおけるを提供する「ウェブサービスセキュリティ」を用意。

いずれのモジュールも、アプライアンスやSaaS型サービスとして配置でき、同社の一元管理ツールなど利用して統合管理できる。同社ではプラットフォームに組み込まれたAPIを利用した追加モジュールを今後提供する予定。

(Security NEXT - 2011/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント