Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、中小企業向けにクラウド安全利用の資料 - クラウド事業者向け資料も

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業によるクラウドサービスの安全に利用するために活用できる資料「クラウドサービス安全利用の手引き」「情報開示の参照ガイド」を公開した。

クラウドサービスは設備や運用コストなどが不要であるなどメリットがある一方、セキュリティの確保など中小企業において判断が難しい面もあることから、資料の提供を開始したもの。

今回公開した「クラウドサービスの安全利用のための手引き」では、サービス利用時に留意したり確認すべきポイントを整理。クラウドサービスの概要やメリットやデメリットのほか、活用事例、チェックすべき点などを紹介している。

一方「情報開示の参照ガイド」では、クラウド事業者において情報の開示が求められるポイントを取りまとめており、開示方法などについても触れている。

(Security NEXT - 2011/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
保険料算出に「AWS Security Hub」の評価を活用 - 東京海上日動
「VMware Avi Load Balancer」に認証情報漏洩など複数脆弱性
「ウイルスバスター」に権限昇格の脆弱性 - 最新版に更新を
IBM、インフラ管理のHashiCorpを64億ドルで買収
クラウド保存した進路アンケートが生徒からも閲覧可能に - 都立中等学校