Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、セキュリティ強化した「IE 9」の公開を開始

日本マイクロソフトは、4月26日より最新ブラウザ「Internet Explorer 9」の提供を開始した。

最新版では、フィッシング詐欺サイトの表示やマルウェアのダウンロードをブロックする機能を搭載するなどセキュリティ面を強化。またGPUの活用による表示の高速化やユーザーインターフェースを最適化したほか、機能の改善などを行っている。

同社は、同ブラウザを国外では3月15日より公開しているが、東日本大震災の発生を受け、トラフィックの増加などへの配慮から日本語版の提供を一時見合わせていた。

同社によれば、FacebookやAmazonなどワールドワイドにおいて主要250サイトなどが同ブラウザの新機能に対応。国内でもすでに25社が新機能の活用について対応を表明しているという。

(Security NEXT - 2011/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
ETC利用者狙うフィッシング - QRコードで誘導
請求案内に見せかけた「So-net」を装うフィッシング
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
楽天装うフィッシング - 「注文を出荷できません」などと不安煽る
「Citrix ADC」「Citrix Gateway」のVPN機能に深刻な脆弱性 - 早急に更新を