Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、17件のセキュリティ更新プログラムを公開 - 64件の脆弱性を解消

日本マイクロソフトは、4月の月例セキュリティ更新プログラム17件を提供開始した。今回公開したプログラムにより、「Windows」に関する45件や「Office」に関連する14件など、あわせて64件の脆弱性を修正した。

深刻度がもっとも高い「緊急」のプログラムは9件。同社によれば、なかでも重要とされるプログラムは、「MS11-018」「MS11-019」「MS11-020」の3件で、いずれも脆弱性が悪用された場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

「MS11-018」は、「Internet Explorer」の累積的なセキュリティ更新プログラム。メモリ破壊や情報の漏洩など、5件の脆弱性を解消している。

そのうちオブジェクト管理におけるメモリ破壊の脆弱性「CVE-2011-1345」については、悪用が確認されているほか、「MSHTML」のメモリ破壊の脆弱性「CVE-2011-0346」についてもすでに公開されている。

(Security NEXT - 2011/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
GitLab、アップデートを公開 - 脆弱性7件を修正
「GitHub Enterprise Server」に認証回避の深刻な脆弱性
IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性