Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 滋賀県の専門学校

滋賀県立総合保健専門学校の教員が、学生40人の個人情報が保存されたUSBメモリを一時紛失していたことがわかった。

紛失したUSBメモリには、講義資料のほかに2009年度および2010年度の看護学科学生計40人の氏名と履修状況などが保存されていた。

3月31日の出勤途中にJR琵琶湖線内に鞄ごと置き忘れたもの。紛失後、駅の忘れ物窓口に届けていたが、翌4月1日に届け出があり、回収したという。

(Security NEXT - 2011/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
FC会員情報含むUSBメモリを撮影会場で紛失 - 新日本プロレス
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
中学校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 高槻市
霊園使用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岩見沢市
USB紛失で町長ら減給、不正利用判明すれば再度処分を検討 - 佐久穂町
USBメモリを紛失、暗号化済みだがPW貼付 - NEXCO西日本
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所