Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfee、Sentrigoの買収によりDB保護を加速

米McAfeeは、データベース分野のセキュリティ技術を保有する米Sentrigoを買収することで合意したと発表した。買収は来月4月に完了する予定。

McAfeeでは、従来よりSentrigoとOEM契約を締結し、データベースセキュリティ製品の供給を受けてきたが、今回の買収を通じて関係を強化する。

Sentrigoのデータベースセキュリティに関する技術を活かし、データベース環境におけるセキュリティの事前評価やトランザクションの可視化、仮想パッチを活用したデータベースの保護などを実現する。

またOSやネットワーク、ウェブアプリ、データベースなど包括的な脆弱性管理ソリューションの提供を目指す。

(Security NEXT - 2011/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky