Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

韓国主要サイトへのDDoS攻撃が収束 - 日本国内への攻撃は確認されず

韓国において、3月4日に発生した主要サイトをに対する大規模なDDoS攻撃は、収束に向かっている。

問題のDDoS攻撃は、韓国内のP2Pサイトなどで拡散したマルウェアへ感染したパソコンから韓国内の政府機関や公共機関、企業などを狙った大規模な攻撃が発生したもの。40サイトが攻撃対象となった。

アンラボによれば、3月4日以降、DDoS攻撃自体は沈静化して収束に向かっているが、マルウェアが証拠を隠滅するため、感染したパソコンのデータを破壊しており、同社では駆除ツールの提供を行う予定。

また今回のDDoS攻撃について、日本国内を対象とした攻撃や、日本国内のユーザーに対するマルウェアの感染活動は、8日の時点で確認していないという。

(Security NEXT - 2011/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
DDoS攻撃の踏み台となる「NTPサーバ」の探索行為が増加
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測