Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米SafeNet、「Amazon EC2」に認証や暗号機能を提供

米SafeNetは、「Amazon EC2」および「Amazon VPC」の利用者向けに、サーバとストレージをベースとした暗号化機能を提供すると発表した。

同社では今回の提供について、PCI DSSの準拠要件に適した認証機能や、ストレージの暗号化を提供することで、クラウドサービス上における個人情報やクレジットカード会員データの保護が可能になるとしている。

具体的には、仮想サービスの管理や、クラウド環境で実行される準備段階の認証や承認のコントロールできるサーバベースの暗号化ツール「SafeNet ProtectV Instance」を提供。

さらにブロックレベルでストレージを暗号化できる暗号化ツール「SafeNet ProtectV Volume」を提供する。

(Security NEXT - 2011/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント