Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS10-090」で生じたIEの文字化け問題、2月の月例パッチで修正される

マイクロソフトは、2010年12月に公開した月例セキュリティ更新プログラム「MS10-090」で生じていた文字化けの不具合を、2月の月例セキュリティプログラム「MS11-003」で解消した。

問題の不具合は、「Internet Explorer」向けのセキュリティ更新プログラム「MS10-090」を適用すると生じるもので、メールソフトやサーバ側でHTTPヘッダの文字コードを「ISO-2022」へ設定している一部ウェブサイトを表示した際に、文字化けが発生していた。

同社では不具合について公開時より把握しており、メールソフトの不具合については、同時に公開した「重要な更新プログラム」で対応。ウェブサイトで生じる文字化けについて対応プログラムの開発を進めていた。

(Security NEXT - 2011/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
子ども預かり支援サイトで設定ミス、非公開の氏名が閲覧可能に - 横浜市
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
権限ない学生が教務システムで個人情報を閲覧可能に - はこだて未来大
MS、3月の月例更新で「Exchange Server」に生じた不具合に対応
アップデートしたシステムの不具合で会員情報が閲覧可能に - JBBF
ランサム被害で利用者や建物情報が流出か - 住宅性能評価センター
厚労省の「マイジョブ・カード」、別人情報が表示される不具合
認定農業者に調査票を誤送付、名簿の宛名と住所にずれ - 三重県
問合フォームに別人の個人情報、キャッシュ設定不備で - ソフト開発会社