Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS10-090」で生じたIEの文字化け問題、2月の月例パッチで修正される

マイクロソフトは、2010年12月に公開した月例セキュリティ更新プログラム「MS10-090」で生じていた文字化けの不具合を、2月の月例セキュリティプログラム「MS11-003」で解消した。

問題の不具合は、「Internet Explorer」向けのセキュリティ更新プログラム「MS10-090」を適用すると生じるもので、メールソフトやサーバ側でHTTPヘッダの文字コードを「ISO-2022」へ設定している一部ウェブサイトを表示した際に、文字化けが発生していた。

同社では不具合について公開時より把握しており、メールソフトの不具合については、同時に公開した「重要な更新プログラム」で対応。ウェブサイトで生じる文字化けについて対応プログラムの開発を進めていた。

(Security NEXT - 2011/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
ヤフー、ID編集結果を他利用者に反映する不具合 - 情報流出や誤配送のおそれ
事業者アンケートで他社回答を表示する不具合 - 公取委
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西