Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

網屋、ファイルのアクセス状況やアクセス権を調べる新製品

網屋は、ファイルのアクセス状況やアクセス権を調べることができる「ALog ConVerter 統合監査システム」を販売開始した。

同製品は、同社製品「ALog ConVerter」が備える「ログ証跡管理」にくわえ、「アカウント管理」や「アクセス権管理」などの情報を取得できる製品。

エージェントをインストールせずに、長期間使用していないユーザーIDやファイル、フォルダに割り当てられたアクセス権など調べ、レポートを作成することができる。価格は、「5 Server Pack」が63万円から。

(Security NEXT - 2011/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5