Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むリストを紛失、区民がマンション通路で発見 - 練馬区

東京都練馬区の職員が、区民644人の個人情報が記載された書類を紛失し、拾得した区民により届けられていたことがわかった。

一時紛失したのは、住民税および国民健康保険料の徴収対象者644人の氏名および住所が記載されたリスト。11月23日、区の徴収員が対象者を訪問した際、訪問先に置き忘れたという。

12月14日に、マンション通路に落ちていたリストを区民が発見し、届けられた。同区では対象者に対し、文書で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院
遺失物の関係帳票が所在不明、誤廃棄か - JR東海
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市