Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型ソフトウェアライセンス管理サービスを提供 - 日本ユニシス

日本ユニシスは、PCにインストールされているソフトのライセンスやパッチ適用状況などを管理するSaaS型「iSECUREライセンス管理サービス」を提供開始した。

同サービスは、社内PCにインストールされているソフトウェアの情報を収集、管理できるSaaS型サービス。利用ライセンス数を把握することで、購入ライセンス数の最適化や不正利用によるソフトの著作権侵害を防ぐことができる。

また社内で許可されていないソフトや、セキュリティパッチが適用されていないソフトの発見も可能。最低利用期間は1カ月で年間契約にも対応する。利用料は、PC1000台の場合月額42万円。年間契約は年額210万円。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア