Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月はドライブバイダウンロードが深刻な状況 - Kasperskyレポート

Kaspersky Labs Japanは、11月に同社が検知したマルウェアの観測状況を取りまとめた。

同社ランキングによれば、11月も依然としてPC上で検知されるマルウェアとして「Conficker」や「Downad」といた別名でも知られる「Kido」をはじめ、既知の脆弱性を攻撃するマルウェアが上位を占めている。また「Virus.Win32.Sality.aa」「Virus.Win32.Virut.ce」などリムーバブルメディア経由で感染を広げるマルウェアについても活動が活発だった。

一方インターネット上で検知されるマルウェアについては、ドライブバイダウンロード攻撃が深刻な状態だったという。ランキングの上位20位以内に9種のエクスプロイト、スクリプトやダウンローダなど3種が入った。

同社が特に注意が必要と指摘しているのは、2009年にはほとんど見られなかった「Java」の脆弱性を悪用するケース。最近増加傾向にあり、「Trojan-Downloader.Java.OpenConnection.bu」がトップだった。また2位に入っている「Trojan-Downloader.JS.Agent.frs」などもJavaベースのエクスプロイトを使用しているという。

(Security NEXT - 2010/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率