Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMCの次期社長にRSAセキュリティ社長の山野修氏が内定

EMCジャパンは、2011年1月1日付けで実施する社長人事を発表した。

同社は、同日付けでRSAセキュリティに合併することを12月1日に発表しており、同日付の新体制が内定したもの。あたらしい代表取締役社長には、現在RSAセキュリティで代表取締役社長、EMCジャパンで執行役員副社長を務めている山野修氏が就任する。

12月下旬に開催される臨時株主総会と取締役会で決議される予定で、現代表取締役社長の諸星俊男氏は、同日付で代表取締役会長へ就任し、山野氏をサポートしていく。

(Security NEXT - 2010/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
ラックとNRI、クラウド向けMSSを提供する新会社を設立
ココン、子会社3社を吸収合併 - 新社名は「イエラエセキュリティ」に
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機