Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMCの次期社長にRSAセキュリティ社長の山野修氏が内定

EMCジャパンは、2011年1月1日付けで実施する社長人事を発表した。

同社は、同日付けでRSAセキュリティに合併することを12月1日に発表しており、同日付の新体制が内定したもの。あたらしい代表取締役社長には、現在RSAセキュリティで代表取締役社長、EMCジャパンで執行役員副社長を務めている山野修氏が就任する。

12月下旬に開催される臨時株主総会と取締役会で決議される予定で、現代表取締役社長の諸星俊男氏は、同日付で代表取締役会長へ就任し、山野氏をサポートしていく。

(Security NEXT - 2010/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明