Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表

不正アクセスを受け、情報流出が発生した問題で、メタップスペイメントは経済産業省および個人情報保護委員会に改善措置報告書を提出した。あわせて役員人事や報酬の一部返上を発表している。

同社において、2021年8月から2022年1月にかけて不正アクセスを受け、決済情報を含む複数のデータベースから情報流出が発生したもの。

同問題を受けて経済産業省では6月30日に割賦販売法に基づく改善命令の行政処分を実施。7月13日に個人情報保護委員会が個人情報保護法に基づく指導を行った。

これら処分を受けて同社では、第三者委員会の提言を踏まえ、システム環境や体制整備における改善措置の報告書を提出した。

あわせて和田洋一氏が代表取締役社長を辞任し、山﨑祐一郎氏が後任となる人事を決定。和田氏を含む取締役3人が基本月額報酬の一部を3カ月返上するとの申し出があり、受理したという。

(Security NEXT - 2022/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県