Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス制御に関する技術情報を募集 - 総務省など3省庁

総務省、経済産業省、警察庁の3省庁は、「不正アクセス禁止法」の規定に基づき、アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報を募集している。

不正アクセス禁止法では、不正アクセス行為の発生状況とともに、アクセス制御機能に関する研究開発状況の公表を規定しており、情報提供を呼びかけたもの。

募集対象となっているアクセス制御技術は、「ファイアウォール技術」「侵入検知技術」「その他認証技術」で、開発途中の技術は対象外で、実用化されているか実用可能なものに限られる。また物理的なセキュリティ技術や、3省庁の予算で開発された技術は含まれない。

応募期限は12月27日。3省庁では応募された情報について取りまとめ、2011年3月をめどに公表する予定。

(Security NEXT - 2010/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく