Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス制御に関する技術情報を募集 - 総務省など3省庁

総務省、経済産業省、警察庁の3省庁は、「不正アクセス禁止法」の規定に基づき、アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報を募集している。

不正アクセス禁止法では、不正アクセス行為の発生状況とともに、アクセス制御機能に関する研究開発状況の公表を規定しており、情報提供を呼びかけたもの。

募集対象となっているアクセス制御技術は、「ファイアウォール技術」「侵入検知技術」「その他認証技術」で、開発途中の技術は対象外で、実用化されているか実用可能なものに限られる。また物理的なセキュリティ技術や、3省庁の予算で開発された技術は含まれない。

応募期限は12月27日。3省庁では応募された情報について取りまとめ、2011年3月をめどに公表する予定。

(Security NEXT - 2010/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害