Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、iPadなどの遠隔ロックや消去が行える試験サービスを開始

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、「iPad」や「Android」搭載端末のセキュリティ機能を一元管理できる「IIJ Smart Mobile Manager試験サービス」を開始した。

同サービスは、セキュリティ対策や設定をネットワーク経由で一元管理できるサービス。専用サイトから対象デバイスを登録するだけで利用することが可能で、遠隔から端末をロックしたり、データの消去、機能の制御、アプリケーションの設定が可能。

対象端末は、Appleの「iPad」とソニー・エリクソンの「Xperia SO-01B」。同社では、2011年4月30日まで機能を限定し、試験サービスとして無料で提供する。2011年4月以降にカメラやGPSなど端末機能の制限やアプリケーションの起動制御、パスワード利用の義務化など機能を追加する予定。

(Security NEXT - 2010/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ