Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託配達員がクロネコメール便約2万1000件を放置、一部は焼却処分

ヤマト運輸は、同社のクロネコメール便において約2万1000件の未配達が発生していたことを明らかにした。

同社によれば、発送依頼主から一部区域のメール便が届いていないとの問い合わせがあり、11月17日から19日にかけて調査を実施。その結果、京都の亀岡支店の委託配達員が約2万1000件のクロネコメール便を自宅に放置し、一部については焼却していたことがわかった。

放置されていたのは、2009年11月から2010年11月の間に、法人から京都府亀岡市向けに発送されたメール便。同時期から扱うメール便の数量が増加し、当日中に配達できなくなったため、カタログやダイレクトメールなどを選別して自宅物置に放置していたという。

同社では、対象となる依頼主に報告や謝罪を行い、未配達の荷物について個別に対応するとしている。同社では昨年11月にも同様の未配達が発覚していることから、あらためて再発防止を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2010/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県