Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

既存ICカードを利用できるPC認証ソフト - DNP

大日本印刷は、ICカードやおサイフケータイでPC起動時のユーザー認証が行えるソフトウェア「End Point Saver F」および「同M」を、11月22日より発売する。

同製品は、「FeliCa」や「Mifare」などICカードや「おサイフケータイ」を利用するPC向けユーザー認証ソフト。企業内で利用している既存のICカードを利用できる。

またICカードをカードリーダから取り外すことによりスクリーンロックがかかり、離席時の不正利用を防止。このほか、簡易ログ機能や管理者以外のアンインストールを防止する機能も備えている。

「FeliCa」や「おサイフケータイ」に対応する「End Point Saver F」と、Mifare対応の「End Point Saver M」を用意しており、いずれも価格はPC1台あたり3150円。

(Security NEXT - 2010/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡