Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」装った攻撃によりフィッシング報告数が増加

フィッシング対策協議会は、10月に国内外から報告を受けたフィッシングの状況を取りまとめた。

10月に同協議会へ寄せられたフィッシングメールの報告件数は24件。9月は、8月の58件から一転して8件と低水準で推移したものの、再び上昇している。

フィッシングサイトに用いられたURLについても前月から15件増加して23件。ただし、ブランド名を悪用された企業は6件で、1件の増加にとどまった。

カードブランド「VISA」や「MasterCard」を装った攻撃が増加しており、フィッシングサイトを発見した場合は、サービス事業者や同協議会まで連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増