Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎脆弱性、トレンドマイクロは9月にゼロデイ攻撃を確認

トレンドマイクロは、11月4日にアップデートが公開された一太郎の脆弱性について、ゼロデイ攻撃を確認していたことを明らかにした。

同社では9月13日以降、当時未公開だった脆弱性を悪用し、感染PC上でファイルを作成、実行する細工された一太郎ファイルを観測しており、脆弱性「CVE-2010-3915」を利用するものを「TROJ_TARODRP.SM」、脆弱性「CVE-2010-3916」を攻撃するものを「TROJ_TARODROP.BZ」をとして対応したという。

「TROJ_TARODRP.SM」では、メールの添付ファイルやウェブサイト経由で感染してドロッパー型トロイの木馬「TROJ_DROPPER.QVA」を作成。さらにバックドア「BKDR_GOLPECO.A」を生成し、外部のサーバへ接続して命令へ待機する。同時に、システム情報など感染コンピュータ上の情報がリモートサーバに送信していた。また「TROJ_TARODROP.BZ」では異なるマルウェアが設置され、同様の攻撃が行われていた。

すでにジャストシステムからアップデートモジュールの提供が開始されているが、今後アップデートを適用していないユーザーを対象とした攻撃が行われている可能性があるとして、トレンドマイクロでは注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも
MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
「Chrome 89.0.4389.90」がリリース - ゼロデイ脆弱性に対処
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生