Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMカット編集したアニメをShareへアップロードした男性が逮捕

ファイル共有ソフト「Share」を通じてアニメ動画を公衆送信したとして、千葉県警は27日、愛知県愛西市在住の男性を著作権法違反の疑いで逮捕し、翌28日に送検した。

千葉県警捜査員のサイバーパトロールをきっかけに発覚したもので、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、男性は、テレビアニメ「ハートキャッチプリキュア」からCMを排除するなど編集を行った上で、6月28日末から7月半ばにかけてアップロードしていた容疑がもたれている。

男性は、2009年ごろからアップロードしていたと見られており、ACCSから連絡を受けた著作権を保有する東映アニメーションが告訴した。

(Security NEXT - 2010/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性58件に対処
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
【訂正あり】「SharePoint」に任意のファイル取得される脆弱性 - 月例パッチで修正済み