Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMカット編集したアニメをShareへアップロードした男性が逮捕

ファイル共有ソフト「Share」を通じてアニメ動画を公衆送信したとして、千葉県警は27日、愛知県愛西市在住の男性を著作権法違反の疑いで逮捕し、翌28日に送検した。

千葉県警捜査員のサイバーパトロールをきっかけに発覚したもので、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、男性は、テレビアニメ「ハートキャッチプリキュア」からCMを排除するなど編集を行った上で、6月28日末から7月半ばにかけてアップロードしていた容疑がもたれている。

男性は、2009年ごろからアップロードしていたと見られており、ACCSから連絡を受けた著作権を保有する東映アニメーションが告訴した。

(Security NEXT - 2010/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
先週注目された記事(2024年3月24日〜2024年3月30日)
「SharePoint Server」の脆弱性悪用に要警戒 - 米当局が注意喚起
「SharePoint Server」狙う脆弱性攻撃が発生中 - 米当局が注意喚起
MS、2024年最初の月例セキュリティパッチを公開
米CISA、「MS 365」のセキュリティ最低構成と評価ツールを公開
Citrix製コラボツールファイル共有アプリの脆弱性、悪用に警戒を
IT管理製品「ManageEngine」に二要素認証回避の脆弱性 - 最新版へ更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を