Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ServerProtect」の一部で定義ファイル読み込めなくなる不具合

トレンドマイクロは、「ServerProtect」の一部環境で、スパイウェアの定義ファイルが読み込みできなくなる障害が発生しているとして対策を呼びかけている。

同社によれば、「ServerProtect for Windows 5.8」「同for NetApp 5.8」「同for EMC Celerra 5.8」の一部の環境において、スパイウェアの定義ファイルを「1.103.00」以降へのアップデートしようとすると、定義ファイルを読み込めなくなる場合がある。

インフォメーションサーバから一般サーバへ定義ファイルを配信すると、「リターンコード46」が記録され、配信が困難となり、定義ファイル以外にコンポーネントの配信などを行おうとした場合も影響を受ける。

原因は、定義ファイル番号の認識の不具合が原因で、Windows版のみ発生するという。同社は「同for Windows 5.8」向けのパッチ「Critical Patch build 1267」を配布。他環境に対しても、20日以降に順次公開する予定で、同社はそれまで回避策を実施するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合