Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エージェントレスで仮想マシンのウイルス対策が行える「TMDS 7.5」

トレンドマイクロは、「VMware vShield Endpoint」に対応したサーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security 7.5」を10月26日より発売する。

同製品は、サーバの防御を行う「Deep Securityエージェント」をはじめ、仮想マシンのセキュリティ対策を実現する「Deep Securityバーチャルアプライアンス」、管理ツール「Deep Securityマネージャ」で構成されたセキュリティ対策ソリューション。ホストOSにくわえ、ゲストOSのファイアウォールやIDS、IPS、ウェブアプリケーション保護など実現する。

最新版では、「Deep Securityバーチャルアプライアンス」に「ウイルス対策オプション」を用意。同オプションは、カーネルレベルで動作する「VMware vShield Endpoint」に対応しており、同一サーバ内の仮想マシンへエージェントをインストールせずにウイルス対策を行える。

仮想マシンごとに対策を行う必要がないため、管理者が異なっていても、セキュリティレベルを一定に保つことが可能。ウイルスを検出した場合は、仮想マシン上から削除し、バーチャルアプライアンス上の保存領域へ隔離できる。ただし、レジストリの変更など行われた場合は手動による復旧が必要。

(Security NEXT - 2010/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック