Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、上半期における情報セキュリティの注目動向を報告 - 対Gumblar技術も

情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティの技術分野における2010年上半期の動向について取りまとめた報告書を発表した。

同機構の「情報セキュリティ技術動向調査タスクグループ」が2010年6月に開催した会合の内容をもとに、参加委員による2010年上半期の注目動向を取りまとめたもの。「楕円曲線暗号」の整備動向や、「MACsec」による「レイヤー2」の暗号化、「DNSSEC」などをはじめ、8件のトピックを収録した。

同報告書では、ウェブサイトの改ざんなど引き起こし、話題となった「Gumblar攻撃」対策についても触れ、ウェブサイト管理者におけるサーバ認証の導入や、エンドユーザー側におけるアウトバウンドのパケットフィルタリングといった対策を取り上げている。

(Security NEXT - 2010/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模の攻撃は約4.4Gbps - IIJ調査
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
DDoS攻撃が前月から減少、最長だったのはmemcached反射攻撃 - IIJ調査
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
JIPDEC、YouTubeチャンネル「デジタルトラストチャンネル」を開設
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意