Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、9月29日に定例外パッチ - 「ASP.NET」のゼロデイ脆弱性に対応

マイクロソフトは、アドバイザリを公表していた「ASP.NET」の脆弱性について、9月29日に公開する定例外のセキュリティ更新プログラムで対応すると発表した。

提供が予定されているプログラムは、「ASP.NETプラットフォーム」における情報漏洩の脆弱性を解消するパッチ。脆弱性は、同プラットフォームを利用するウェブアプリケーションに影響があり、悪用された場合、サーバ上で暗号化されたデータが取得され、改ざんされるおそれがある。すでに脆弱性を悪用した攻撃が確認されている。

同社では、9月29日に先行してダウンロードセンターで提供を開始する計画で、「Windows Update」「Microsoft Update」「Windows Server Update Services」など自動配信についても準備が整い次第開始したいとしている。

(Security NEXT - 2010/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も