Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ASP.NET」に情報漏洩の脆弱性 - ゼロデイ攻撃も発生

マイクロソフトは、「ASP.NET」に脆弱性があるとしてアドバイザリを公表し、対応するセキュリティ更新プログラムを現在開発中であることを明らかにした。

同社によれば、今回見つかった脆弱性は「ASP.NETプラットフォーム」を活用するすべてのウェブアプリケーションに影響があり、悪用された場合、サーバ上で暗号化されたデータが取得され、改ざんされるおそれがある。

さらに攻撃者が改ざんデータを送信することでエラー時のレスポンスを参照し、データを復号化される可能性があり、すでに脆弱性を悪用した攻撃について同社では確認しているという。

同社では詳細について調査を進め、セキュリティ更新プログラムの開発に取り組んでおり、品質を確保次第、公開する方針。また、「customErrors機能」を利用し、攻撃者へエラー情報を提供しないようにする方法など、攻撃から防御するための回避策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性