Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務所移転時に顧客情報含む書類を紛失 - 住友林業グループ会社

住友林業ホームテックは、支店の事務所を移転した際に顧客情報43件含む工事関係書類を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、顧客ごとの工事関係書類で、43件の顧客情報が含まれる。9月7日から8日にかけて、近畿地区の支店が事務所の移転したが、翌9日18時ごろになって、書類を収納した箱1個の所在不明が判明した。事務所内を捜索したが見つからなかったという。

同社では、移転先の事務所へ搬入したもの以外はすべて廃棄処理しており、誤って処分した可能性が高いとしている。また対象となる顧客に報告と謝罪を行うなど、対応を進めている。

(Security NEXT - 2010/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出