Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治会との委託契約書など個人情報含む書類を紛失 - 大阪府住宅供給公社

大阪府住宅供給公社は、個人情報が記載された駐車場管理業務委託関係書類などを紛失したことを明らかにした。

同社によれば、同社が経営する住宅の自治会と締結した駐車場管理業務委託契約書と、個人情報管理責任者届を紛失したもの。6月に紛失が判明した。それぞれ43件で自治会名、自治会役職、氏名、棟号名、連絡先などが記載されている。

同社は原因について、事務所の統廃合による移転や書類の整理の際に、保存期間が経過した書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

同社では対象となる入居者に連絡を取り、謝罪した。駐車場管理業務への影響はないとしている。

(Security NEXT - 2023/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省