Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ICカード情報を不正操作した従業員を懲戒処分 - JR東

JR東日本は、Suicaなど同社のICカードに記録された入場情報を不正に操作していた従業員について懲戒処分を行ったと発表した。

本来運賃がかかる区間であるにもかかわらず、不正に窓口精算機で入場情報取消処理していたもので、区間外で入場した際に不正に入場した情報を取り消していたという。

不正操作には7人が関与し、利用額は7万1270円分。今回の自体を受け、同社は3人を懲戒解雇、2人は諭旨退職としたほか、残る2人に対しても出勤停止や減給を行った。また監督責任者3人に対しても訓告などの処分を行った。

同社では2009年4月から2010年3月までの1年間に入場を取り消したデータを抽出。従業員による不正処理の可能性がある乗車券についてカード発行時の情報など調べ、本人への聞き取り調査など実施して問題が発覚した。

(Security NEXT - 2010/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
従業員が郵便物1.3万件を放置、再配達を実施 - 日本郵便
住民の課税情報を業務外で閲覧、職員を処分 - 印西市
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
顧客の預金残高を知人に漏洩、従業員を懲戒解雇 - 阿波銀
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
業務情報用いて私的SMSを送信、職員を停職処分 - 妙高市
仙台市、借金相手に同僚の個人情報伝えた職員を処分 - 怪文書約2500枚届く