Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、改ざんの自動復旧機能も搭載した最新WAFを発売

フォーティネットジャパンは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の新製品2機種を発売した。

「FortiWeb-3000C」はプロバイダやクラウドサービス事業者などを、「FortiWeb-1000C」は中大規模企業向けに開発したウェブアプリケーションに対する攻撃を防ぐアプライアンス。

両アプライアンスでは、最新ファームウェア「FortiWeb 4.0 MR1」を搭載しており、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングをはじめとするウェブサイトへの攻撃を防御することができる。

送信トラフィックの監視による情報漏洩を防止し、あらかじめ用意されている定義にくわえ、ユーザーが独自のパターンを作成することが可能。保護対象のアプリケーションについて脆弱性を評価することが可能で、改ざんを検知した場合は改ざんされる前の保存状態へ自動的に復元することができる。

(Security NEXT - 2010/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
セキュリティベンダーも脆弱性「regreSSHion」の影響を調査
F5がアドバイザリを公開 - 「BIG-IP」などの複数脆弱性を解消
求職情報サイトで遠隔操作やデータ取得の形跡 - 日刊工業新聞
国内クラウドサービス、海外に比べてセキュリティ対策に遅れ
「Adobe ColdFusion」のアップデートを呼びかけ - 米当局
志布志市ふるさと納税サイトで情報流出 - 脆弱性検査で改ざん気付けず
企業サイト狙う不正アクセスに注意 - 警察庁ら呼びかけ
「Interop Tokyo」が開催中 - 「Best of Show Award」も発表
所属組織の要請と電話で事前説明、巧妙なフィッシング攻撃に警戒を