Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETの一部定義ファイルに不具合 - Windowsフリーズのおそれ

キヤノンITソリューションズは、同社が販売するセキュリティ対策ソフト「ESET Smart Security」や「ESET NOD32」の一部定義ファイルに不具合があったと発表した。

2日に配信した一部定義ファイルに問題があったもので、適用した場合は「Windows」がフリーズし、操作できなくなったり、同アプリが利用する「ekrn.exe」においてアプリケーションエラーが発生するケースがあるという。

影響を受ける定義ファイルは、9月2日17時ごろより配布している「バージョン5417」と同日21時過ぎに配信した「同5418」。今回の不具合が原因で、同社には60件の問い合わせが寄せられている。

同社では不具合を回避する方法として、同日23時過ぎに配布した「バージョン5419」以降の定義ファイルを適用するよう、利用者へアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起