Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポリシー違反のシステム設定変更を修復できる「Tripwire Enterprise」最新版

トリップワイヤ・ジャパンは、ポリシーに反したシステム変更の修復機能を追加したセキュリティ対策ソリューション「Tripwire Enterprise 8.0 Universal版」を発表した。

同ソリューションは、システムの変更を監視して、セキュリティレベルの低下を防止する製品。作成したセキュリティポリシーをシステムに適用することでシステムを保護し、システムの変更を監視して変更状況を検知できる。

これらの「保護」「検知」機能にくわえ、最新版では「修復」機能があらたに追加。ポリシーに反した変更が行われセキュリティレベルが低下した場合、その変更を精査して修復する。

このほか、「Windows」「UNIX」「Red Hat Enterprise Linux」の最新版や「VMware vSphere Hypervisor」の監視にも対応。ポリシーテンプレートの拡充や承認テンプレートなどを追加している。

(Security NEXT - 2010/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大規模ECに対応した運用環境を「EC-CUBE」開発元が提供
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
中小企業向けにネットワーク脅威の検知パッケージ - NTTセキュリティ
「Zabbix」の延長サポートサービスを開始 - サイバートラスト
SaaSの設定不備や不審操作を検出するソリューション - IIJ
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
IoT製品の脆弱性監視分析サービス - NRIセキュア
脆弱性レポート機能の正式提供を開始 - GitHub
ファイルサーバ管理ソフトにログ監視オプション - ランサムなど不正操作を通知
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール