Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポリシー違反のシステム設定変更を修復できる「Tripwire Enterprise」最新版

トリップワイヤ・ジャパンは、ポリシーに反したシステム変更の修復機能を追加したセキュリティ対策ソリューション「Tripwire Enterprise 8.0 Universal版」を発表した。

同ソリューションは、システムの変更を監視して、セキュリティレベルの低下を防止する製品。作成したセキュリティポリシーをシステムに適用することでシステムを保護し、システムの変更を監視して変更状況を検知できる。

これらの「保護」「検知」機能にくわえ、最新版では「修復」機能があらたに追加。ポリシーに反した変更が行われセキュリティレベルが低下した場合、その変更を精査して修復する。

このほか、「Windows」「UNIX」「Red Hat Enterprise Linux」の最新版や「VMware vSphere Hypervisor」の監視にも対応。ポリシーテンプレートの拡充や承認テンプレートなどを追加している。

(Security NEXT - 2010/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス