Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティ担当者による「日本CISO協会」が発足

セキュリティに関連する情報の交換や情報発信を目的とした「日本CISO協会」が発足した。

同協会は、組織のセキュリティ責任者である「CISO」の情報共有などを目的とした団体で、ITやセキュリティ、ガバナンス、コンプライアンス、リスクマネジメント、事業継続といった企業経営に関する情報の発信や情報交換などを計画している。

シスコシステムズ、NANAROQ、日本ヒューレット・パッカード、日本オラクル、BSIグループジャパンが運営委員会のメンバーとなり、発足にあたってはミクシィ、ソフトバンクモバイル、日本ベリサインなどが参加。今後は2011年12月31日までに200社の参加を目指している。

(Security NEXT - 2010/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
他人領収証を誤送付、寄付急増によるフロー変更でトラブル - 国連UNHCR協会
従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー
共同購入サービスサイトで一部個人情報が閲覧可能に
外国人技能実習監理団体のメアドが流出 - 東京都
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
Emotet感染でメール関連情報流出の可能性 - 緑の安全推進協会
テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も