Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Luhnアルゴリズム」によりカード番号をチェックする「P-Pointer」最新版

KLabは、クレジットカード番号の検出機能を強化した個人情報検出ツールの新版「P-Pointer Ver3.5.0」をリリースした。

同製品は、PCやサーバ内のファイルをスキャンして、氏名や住所、メールアドレス、クレジットカード番号などの個人情報を洗い出すソフトウェア。

最新版では、検出されたクレジットカード番号と推測される文字列に対し、「Luhnアルゴリズム」で配列されているかチェックする機能を追加。クレジットカード番号として有効な番号であるか確かめることで、より精度の高い検出が可能になったという。このほか、管理コンソール上で大量の監査結果を表示する際の速度を改善している。

(Security NEXT - 2010/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応