Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Luhnアルゴリズム」によりカード番号をチェックする「P-Pointer」最新版

KLabは、クレジットカード番号の検出機能を強化した個人情報検出ツールの新版「P-Pointer Ver3.5.0」をリリースした。

同製品は、PCやサーバ内のファイルをスキャンして、氏名や住所、メールアドレス、クレジットカード番号などの個人情報を洗い出すソフトウェア。

最新版では、検出されたクレジットカード番号と推測される文字列に対し、「Luhnアルゴリズム」で配列されているかチェックする機能を追加。クレジットカード番号として有効な番号であるか確かめることで、より精度の高い検出が可能になったという。このほか、管理コンソール上で大量の監査結果を表示する際の速度を改善している。

(Security NEXT - 2010/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント