Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソネットIP電話のなりすまし問題、「外部不正アクセス」や「内部漏洩」の形跡確認されず

ソネットエンタテインメントが提供するIP電話サービスにおいて、不正アクセスや不正利用が判明した問題で、同社は調査結果を公表した。

IP電話「So-netフォン」で、第三者のなりすましによりアカウントを利用されていることが顧客からの問い合わせにより7月13日に判明したもので、同社では7月21日に事態を公表、外部調査機関をまじえて原因など詳細について調査を進めていた。

同社によれば、サーバのアクセスログから「So-net ID」とパスワードが用いられた不正アクセスは2347件で4月30日より発生していることが判明。そのうち不正に新規登録されたIDが452件、会員の番号として不正に発信されていたIDが191件だった。さらに今回の調査でウェブメールサービスへの不正ログイン9件が明らかになっている。

同社ではアカウント情報の漏洩などを踏まえて原因を調べたが特定できず、サーバへの不正侵入の形跡は確認されていなかったことから外部からの不正アクセスによる窃取はなく、認証試行の状況などから内部からまとまった漏洩が発生した可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2010/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー