Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソネットIP電話のなりすまし問題、「外部不正アクセス」や「内部漏洩」の形跡確認されず

ソネットエンタテインメントが提供するIP電話サービスにおいて、不正アクセスや不正利用が判明した問題で、同社は調査結果を公表した。

IP電話「So-netフォン」で、第三者のなりすましによりアカウントを利用されていることが顧客からの問い合わせにより7月13日に判明したもので、同社では7月21日に事態を公表、外部調査機関をまじえて原因など詳細について調査を進めていた。

同社によれば、サーバのアクセスログから「So-net ID」とパスワードが用いられた不正アクセスは2347件で4月30日より発生していることが判明。そのうち不正に新規登録されたIDが452件、会員の番号として不正に発信されていたIDが191件だった。さらに今回の調査でウェブメールサービスへの不正ログイン9件が明らかになっている。

同社ではアカウント情報の漏洩などを踏まえて原因を調べたが特定できず、サーバへの不正侵入の形跡は確認されていなかったことから外部からの不正アクセスによる窃取はなく、認証試行の状況などから内部からまとまった漏洩が発生した可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2010/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会